2015年08月01日

8月1日(ピアノバージョン)

今から思えば、もはや、この日の忌ま忌ましさというものは、私に対する復讐としか思えないほどである。
8月1日とは…。彼女は恋人と花火大会に行った。私にリーディアの話が舞い込んだ。ぜんぶ消えて無くなった。脅迫を受けて、のちに何度も警察に相談しに行くことになった。彼女は恋人と結婚し、第一子が誕生した。私はサイトをやめることを決断した。
※好評ならピアノ以外の伴奏を入れますけど

作詞・作曲:ヨシミ22歳/うた:Y22+初音ミク
(2015年7月制作)
8月1日(ピアノバージョン)
http://y22.sakura.ne.jp/dl/lime/lime.cgi?90


歌詞は続きで
続きを読む
posted by ヨシミ22歳 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2015年05月04日

5月4日(good days)

今年もまた、この季節がやってきて、あの頃のことを思い出す。
何もかもが変わってしまったが、誰か、なにかしら、覚えているのか…?
…。本当に、「きみに会えてよかった」のか…?
今となっては、わからない。

作詞・作曲:ヨシミ22歳/うた:Y22+初音ミク
(2011年2月制作)
5月4日(good days)
http://y22.sakura.ne.jp/dl/lime/lime.cgi?89


歌詞は続きで
続きを読む
posted by ヨシミ22歳 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2015年04月26日

on the railway. (pf ver.)

今から16年前の1999年6月14日のこと。
高坂むゆうは、ナタリー氏からの作曲の依頼に応えて、ある曲を書き上げた。
折しも、secret eyes.の活動が全盛であった頃。
あらゆる苦悩をぶつけたその曲は、タイトル「on the railway.」。
バンドでの発表の機会が流れてしまい、
長らく日の目を見ることのなかった曲であったが、
2013年、ナタリー氏の結婚式で、高坂むゆうは見ず知らずの人にこう言われた。
「あの曲を作った人ですよね」と。
その曲こそが、「on the railway.」そのものである。
時は流れ、みんなが大人になった、のだろうか。

1999年制作の、あの伝説の曲が今よみがえる!
作詞・作曲:高坂むゆう、編曲:ヨシミ22歳、うた:初音ミク
「on the railway. (pf ver.)」
http://y22.sakura.ne.jp/dl/lime/lime.cgi?88


歌詞は続きで
続きを読む
posted by ヨシミ22歳 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2015年02月18日

雨水(うすい)2015beta

雨水(うすい)2015beta
再生・保存はこちらから(mp3)



雨水(うすい)2015beta
作詞・作曲:ヨシミ22歳
うた:Y22+初音ミク

さようならも言えなかった
きみが立ち向かっていた大きい夢の果て

夢はいつも遠くにあり
どんなに手を伸ばしても届かなかった

あの街を歩くといつも
きみとすれ違うような気がして
今でもぼくはゆくよ
たぶんきみがいないこの街を

乾いた街の冬の終わりに
心を動かす雨が降る
さよなら いとしい人よ
もう二度と時計は巻き戻らないけど

ありがとう きみと過ごせた日々よ
ひとときも忘れることはない
しあわせみつけてるかな
ぼくはきみを想い生きているけど 叶わない

昨日 今日 明日 きみはいない
元気だと聞いた人とも たよりが絶えて

出会った春の陽気
海に捨てた夏の気持ち
深まり募る秋も
二度目の冬を越えられずに

乾いた街の冬の終わりに
君を思い出す雨が降る
さよなら いとしい人よ
もう二度と会えない この街も色褪せ

時が戻るなら きみを離さない
振り向き去っていくきみを
どうして抱きしめられず
あらゆる悲しみをそのままに許したのだろう

乾いた街の冬の終わりに
君を思い出す雨が降る
緑の芽吹くその前に
広い川へ続くわずかなせせらぎよ

潤う街ときみの誕生日
雪が雨に変わる季節に
ありがとう 忘れはしない
あの日の想い出を希望に変えて生きるよ
posted by ヨシミ22歳 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2014年10月28日

「雨水(うすい)」1000ダウンロード

 今日は、

ゴミ収集日を音声で知らせてくれる「ゴミ出し番長」
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20141028_673363.html

 こういうのもあるのか…と思っていたら、

ゴミ収集日お知らせサービス53cal(ゴミカレ) ゴミの日メールをお届けします
http://www.53cal.jp/

 これで十分、とのご指摘をいただいたような、そんな一日でした。

 さて。
 わたくしの作った曲の「雨水(うすい)」が、知らないあいだに1000ダウンロードを超えていたとのことで、びっくりです。ありがとうございます。
 しかしながら、1000ダウンロードされたのは、若干古いバージョンでございまして。

改訂版「雨水(うすい)2013」
http://y22.sblo.jp/article/61936887.html




 こちらがいちばん新しいような気もします…。

 可能であれば、2015バージョンも作ろうと思います。初音ミクさんに戻して。
posted by ヨシミ22歳 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作作品

2014年05月04日

ヨシミ年表第二版

 そういうわけで、ヨシミ年表第二版のダウンロードを開始しました。下記のサイトにしたがって、読めるような状況を作ってくださいませ。よろしくお願いいたします。

ヨシミ22歳の黒歴史年表 第二版 ver. 2.0.0
http://y22c.sblo.jp/article/95223791.html


 一太郎が悲鳴を上げるような感じの文書なんですけれども、PDFでは大丈夫…だと思っています…。ページ数は多いですけれども、そんなにも大変なことにはならないかと。

 そういうわけで…。バーチャル青森のお花見も、終盤。散りゆく桜を見てきました。いいものですね…。私はもう、なんて言うか、うーん…。つらいことばっかり思い出しますね…。
posted by ヨシミ22歳 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2014年04月16日

コラボ曲「雨音が僕等を殺す」

 中途半端にプライドの高い人が多いせいなのでしょうか、どうやらヨシミが曲を作って、それを

 …。この話、やめておきますかね…。どうにもこうにも。そういうわけで、今日はまず曲のご紹介から。

雨音が僕等を殺す
http://y22.sakura.ne.jp/dl/lime/lime.cgi?20

(左クリックでzipファイルをダウンロード出来ます)
原案:赤闇/作詞・作曲:ヨシミ22歳

 赤闇さんとのコラボレーション企画です。よろしくお願いしますね。
 そういうわけで…。

ヨシミ22歳関連ダウンロードセンター
http://y22.sakura.ne.jp/dl/


 こちらの方も存分に活用していかないといけないなあ、と思った次第でございます。そういうわけで、よろしくお願いしますね。

 それにしてもね。最近いろいろと思うんですけれどもね。ヨシミの友達が減ったような気がしていましてねえ…。いや、なんていうんでしょう。結婚したり、子供が生まれたりすると、連絡を取らなくなるじゃないですか。そういうものの延長線上で、気がつくと一人になっていた、という感じですかね。
 気がつくと、90年代やゼロ年代のようなまろやかな時代はとうに過ぎ去り…。これから先、残るのはどういうことになるんでしょうか。うーん…。

 それにしても今日は、花粉がすごかったですねえ…。バーチャル青森で絶賛スギ花粉が飛散中…。強風もあって、非常にひどいことになっていましたねえ…。どうにもこうにも。おそろしい。
 他にもおそろしいことはたくさんありますけれども、まあ、もっとおそろしいこともありますけれどもね…。お金が無いこと、とかね…。
posted by ヨシミ22歳 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2014年02月09日

「ROLLING MAN」

「ROLLING MAN」(2014/1/19)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22698272
ひとまず、よろしくよっきゅん!
posted by ヨシミ22歳 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2014年01月18日

のりすけさんとのコラボ「ROLLING MAN」

 そういうわけで、2014年はこの曲からスタートです。
 よろしくよっきゅん。
 のりすけさん、ありがとうございます! お疲れさまでした。



(歌詞追記)

ROLLING MAN

真っ暗な狭い箱の中で 膝を抱えている
何も聞こえない 何も見えない 何も覚えてない

いつからどうしてこんな所にいるんだろう 
手探りで辺りを触れてみるけど
一つ、二つ 出っ張りがあるだけ もうやだ

どんなに叫んでみても ああ、この声が誰かに届くことなどないけれど
って言うか届けたい声って何だっけ 
辺りをまた触れてみても出っ張りが 五つ、六つ・・・

あれ、思い出したかも
僕はそう ああそうだ サイコロだった



突然動き出した時間と体 どこかへ運ばれてる
誰かが僕を必要としてる 4人ぐらいはいる

聞こえて来る笑い声とかせめぎ合いとか 
それぞれの「自分」という箱の中で
頑張ってんだね さあ次は何が出るかな

どんなに振られても ラララ構わない それは少しずつでも前に進んでるってこと
どんなに転んでも ラララ倒れない 転がった所からまた次を目指せばいい

人は生きてるうちに何度も
小さなスタートとゴールを繰り返す

(ひとつ)日替わりで巡る
(ふたつ)ふぞろいな僕らの
(みっつ)未完成の人生ゲーム

どんなに振られても ラララ構わない それは少しずつでも前に進んでるってこと
どんなに転んでも ラララ倒れない 転がった所からまた次を目指せばいい
時々「10マス戻る」とかあるけど そこからがショータイムの始まりというわけです
「こんなに素晴らしい世界」って言えるかどうかは誰だっていつだって自分次第だから

いつか振り返る時に見える景色は
なんだかんだで最高だった
そう言えるように今を進もう

posted by ヨシミ22歳 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2013年11月17日

今日の一曲「1999」

 久しぶりに新しい曲を作りました。
 前回の上京、つまり今年の5月のゴールデンウイークの時、なかなか眠れなかったのでホテルで一気に書き上げた曲です。本来は別の人に提供する予定でしたが、先方の都合でその話自体が無くなりましたので、この曲が宙に浮いてしまったんですよね。それももったいなかろう、ということで、ふわふわした感じの曲を上手く活かすべく、不安定な歌詞を載せて、アレンジを整えて、完成の運びとなりました。
 皆さんのお気に入りとなれば幸いです。
 ご感想を熱烈に募集していますので、よろしくお願いします。

1999

(※スマートフォン等からだと無理だと思います)

1999
作詞・作曲・編曲:ヨシミ22歳
うた:Y22+初音ミク

***(あいつ)も嘘をついてたはず
あの日に何が起こったのか
長い月日が流れ 忘れまいと
あなたを過去に取り残した

あなたは不幸 わたしは幸福
互いのことをまだ許せずいる

何もかもが色褪せてゆくけど、これが
生きていくっていうことなのでしょうか
憎しみは薄れ すべて美しく
愛した記憶だけ残る

あなたはもう長い眠りの中から抜けて
またすごい人を取り戻してよ
あなたを愛する誰かが
かならずそこにいるはずだから

わたしのことは 忘れてほしい
出会わなければよかったのでしょう

傷つけたこともあったけど
あの日のわたしはあなたを怖く思っていた
今はあの彼や新しい
家族としあわせでいます

わたしもあなたを忘れ 生きていくよ
でも1999年に
あなたがいた その事実は
誰も曲げようがない
ほんとうのことだから
posted by ヨシミ22歳 at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作作品

2013年10月11日

今日の一曲「ayame 2014」

 そういうわけで、あんまり出し惜しみをせずに…と思っていたのですけれども、ううーん…。古い音源を使っていたのですが、なかなか上手く行かなくてズルズル来ていました。
 過去作リメイク。ロングバージョンの8分50秒です。最後まで耐えて聴けるかな? 聴いていってくださいね。ご感想を熱烈に募集していますので、よろしくお願いします。

ayame 2014

(※スマートフォンとかからだと無理だと思います)

ayame 2014
作詞・作曲・編曲:高坂むゆう
うた:Y22+初音ミク

悪魔に襲われて 走り出す闇を抜け
明日を待っていた夜の上りホーム
気怠い街並みと僕が見たあの奇跡
改札を抜ければ君はまだ笑っている

ah... 太陽に手をかざして 見上げていた
くすんだ色のこの世界 原色が消えてゆく

泣き出した空見上げ 君を想うよ
記憶の奥の片隅でそっと息をひそめて
土の匂いと重い風に身を流し
味方だらけの幻に 巡らない季節を待っている

胸に下げたフィルム ありふれたカウンター
痺れた両足で 階段を下りていく

ah... 遠ざかるこの気持ちさえ愛おしくて
灰色で明るい空 だけど夜明けを待っている

泣き出した空見上げ 君を想うよ
二度と戻らないあの日が時間の中埋もれずに
ビルの街 雲の下 人混みの中で
君の姿を探しては 叶わない夢を待っている

願いが消えて 暗がりに怯えても
明日の扉は君の胸の中にあるよ

運命は虹の影 何かが呼んでいる
このまま枯れて土になる それさえも厭わない
鮮やかな赤い色 何かを引きずり
ここでは意味のないものと知っていた
傷を押さえて

泣き出した空見上げ 君を想うよ
時計の針はもう少し 時代を告げている
いつかこの場所でまた君に出会うこと
叶わないと知っていても 遠くの未来に誓うよ
posted by ヨシミ22歳 at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作作品

2013年10月06日

今日の一曲「Mind -inf.-」

 昨日ヨシミが知ったのは、ヨシミもいつ死ぬかわからない、ということなので、出し惜しみせずにどんどんアップしていこうと思います。
 過去作リメイク。4分51秒です。聴いていってくださいね。ご感想を熱烈に募集していますので、よろしくお願いします。

Mind -inf.-


Mind -inf.-
作詞・作曲・編曲:高坂むゆう・ヨシミ22歳
うた:Y22+初音ミク

心の中にはいつも 僕が好きだった魔法があるよ
悲しみなんて似合わない ずっと笑っていこう

暮れゆく街の景色 見上げて懐かしくなるけど
僕にだけ出来ること 夢みなくちゃ 叶えていかなきゃ
僕が選べる道を最後まで残したいと言って
気付けば夢なんて忘れていたよ きみに逢うまでは

遠い世界を見て 蒼い風に吹かれ
僕の心はどこかへ飛びたがっている

きみの心にはいつも 誰も夢中になる魔法があるよ
頑張ってるきみが好きさ 僕はそう叫びたい
きみの心はいつでも 穏やかな輝きをたたえている
僕は救われているよ それに感じる度に

信じていた人にも裏切られてさまよっていた
悪いのは誰なのか それさえわからなくなっていた
行こう この世界には明日がきっと待っている
僕らはそれを信じて歩き続けるしかないから

いつもの情熱が消えてしまわぬよう
祈って 忙しい今日が消えていくよ

夢を見続けてずっと 未来の自分がそこにいるよ
いつでも忘れたくない 一番最初の気持ち
僕の心にはいつも 忘れかけた何かのかけらがある
それを取り戻していこう きみを守るために

心ない人に触れて あの日知ったいくつもの悲しみ
優しい言葉が人をたくさん傷つけた
思い通りに行かない世界に僕らは生きているけど
悲しい気持ちに勝てるよ 大丈夫 きみといれば

心の中にはいつも 僕が好きだった魔法があるよ
これ以上揺らがない想い ずっと信じていたい
「きみのことがたいせつ」と言ったらきみはどんな顔をするかな
言葉にできないことも すべて信じてみたい
きっとしあわせだから
posted by ヨシミ22歳 at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作作品

2013年09月21日

制作環境めも

「あやとり」
mind(1) SSW+ACID
Love has gone #0606 SONAR
あ SSW+ACID
雨の本厚木 SSW+ACID
Love has gone #1028 SSW+CT
your love SSW+MELODYNE+SONAR
ayame SSW+ACID
春の別れ SSW+ACID
追憶のコミケット SSW+ACID
猫がいない SSW+ACID
雨水(うすい) SSW+ACID
ユアライフ SSW+Cubase
黄昏append SSW+ACID
your love remix SSW+ACID
5月4日 SSW+REC
波動 SSW+ACID
Remember the song that day SSW+ACID
posted by ヨシミ22歳 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作作品

2013年08月09日

現在手に入るヨシミ22歳ブランド(宣伝)

 ここのブログをただ寝かせておくのもどうかと思いまして…。毎日アクセスがあるもので…(自分だけが見ているのかも知れませんが…)。
 現在手に入る、ヨシミ22歳の関連をまとめておこうと思います。
 気が向いたり、欲しくなったら、お求めくださいね。

書籍同人誌「ヨシミ22歳の黒歴史年表」通販ページ
http://www.b-button.com/eshopdo/refer/refer.php?view_id=VG00000a027
「ヨシミ22歳の黒歴史年表」詳細
http://y22c.sblo.jp/article/54808633.html

無料ダウンロード配布・同人音楽CD「あやとり」
http://y22.sakura.ne.jp/ayatoridlplus/
「あやとり」詳細(CD版)
http://y22c.sblo.jp/article/53039892.html

ヨシミCD5「ハイカラでナウいヨシミ22歳の文明開化」通販ページ
http://www.b-button.com/eshopdo/refer/refer.php?view_id=VG00000a023
ヨシミCD5「ハイカラでナウいヨシミ22歳の文明開化」詳細
http://y22.sakura.ne.jp/ycd5/

やさしいweb日記ストーキング/ヨシミ22歳 通販ページ
http://www.b-button.com/eshopdo/refer/refer.php?view_id=VG00000a025
やさしいweb日記ストーキング/ヨシミ22歳 詳細
http://y22.sakura.ne.jp/c/b102.html
posted by ヨシミ22歳 at 00:35| 自作作品