2013年10月11日

今日の一曲「ayame 2014」

 そういうわけで、あんまり出し惜しみをせずに…と思っていたのですけれども、ううーん…。古い音源を使っていたのですが、なかなか上手く行かなくてズルズル来ていました。
 過去作リメイク。ロングバージョンの8分50秒です。最後まで耐えて聴けるかな? 聴いていってくださいね。ご感想を熱烈に募集していますので、よろしくお願いします。

ayame 2014

(※スマートフォンとかからだと無理だと思います)

ayame 2014
作詞・作曲・編曲:高坂むゆう
うた:Y22+初音ミク

悪魔に襲われて 走り出す闇を抜け
明日を待っていた夜の上りホーム
気怠い街並みと僕が見たあの奇跡
改札を抜ければ君はまだ笑っている

ah... 太陽に手をかざして 見上げていた
くすんだ色のこの世界 原色が消えてゆく

泣き出した空見上げ 君を想うよ
記憶の奥の片隅でそっと息をひそめて
土の匂いと重い風に身を流し
味方だらけの幻に 巡らない季節を待っている

胸に下げたフィルム ありふれたカウンター
痺れた両足で 階段を下りていく

ah... 遠ざかるこの気持ちさえ愛おしくて
灰色で明るい空 だけど夜明けを待っている

泣き出した空見上げ 君を想うよ
二度と戻らないあの日が時間の中埋もれずに
ビルの街 雲の下 人混みの中で
君の姿を探しては 叶わない夢を待っている

願いが消えて 暗がりに怯えても
明日の扉は君の胸の中にあるよ

運命は虹の影 何かが呼んでいる
このまま枯れて土になる それさえも厭わない
鮮やかな赤い色 何かを引きずり
ここでは意味のないものと知っていた
傷を押さえて

泣き出した空見上げ 君を想うよ
時計の針はもう少し 時代を告げている
いつかこの場所でまた君に出会うこと
叶わないと知っていても 遠くの未来に誓うよ
posted by ヨシミ22歳 at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作作品
この記事へのコメント
はじめはスネアのリズムが気になりました。
でも何度か聞くと歌詞とメロディーが残る好きな曲になりました。
相変わらず細かいアレンジが凝ってるし。
Posted by ii_jun at 2013年10月15日 22:13
スネア。はいはい…。
あの頃はな〜んにも考えずに作っていたので…ではなくて、いずれ直そうと思っていたのですが、いい音色がなくてそのままになっています。
KORG M1でも買ったら考えようかと思っています…。
ありがとうございます…。

でも、ヨシミはii_junさんのシンプルなアレンジに憧れますよ!
Posted by ヨシミ22歳 at 2013年10月15日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77949116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック