2013年09月01日

余生がはじまる

 そういうわけで、今日からはこちらのブログを更新する事になるのですけれども…。
 まだ、幾分慣れていないような気もしますので、皆さんお手柔らかによろしくお願い致します。
 色々と悩んだ末にストーキングをやめることにして、ようやくやめましたが、一番の悩みだったのは「誰も相談に乗ってくれる人がいない」ということでした。そうですね、いつも私は孤独だったのですね。孤独じゃないと錯覚してしまうような「ストーキング」とか、そういう飾りがなくなったので、とてもいいことだと思います。私も、これで現実を見ることになろうかと思いますし。ようやく、孤独というものを、ありのままに直視できるのではないでしょうか。
 すべては、このままで、世の中動いていくんじゃないでしょうか。
 私ももうけっこうな年齢ですし、若くはありません。こちらの方もしっかり直視しないといけないですね。どうしても、そこから逃げている風がありましたのでね。
 結局、私は最初から最後までひとりきりで、それを癒す術も何も知らなかった、という事になりますかね。私を踏み台にして偉くなった人々は(具体例こそ書きませんが)けっこう居るでしょうけれども、私自身は偉くなる術も、孤独を癒す術も知らなかった、ということです。いやあ、これは実に滑稽ではありませんか。馬鹿みたいですねえ。
 そういうわけで、今後は倍返し、いやn倍返しも視野に入れて、いろいろと検討、研究をして行こうと思っております。皆様よろしくお願い致します。
 ああ、ようやく、これまでの偽物の上っ面だけの善人ぶったキャラクターを捨てて、本気の刺々しい言い方をする本来の私を出せるんだ、という歓びをも感じているところです。私はじわじわと震えています。

 あと、そうそう。ストーキングをやめたことについて各種サイト等の書き換えをしていますが、至っていない点があるかと思います。その点、ご了承ください。よろしくお願い致します。また、既刊同人誌等の表現についても、適宜読み替えをお願い致します。ご了承ください。
posted by ヨシミ22歳 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なやつ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73788193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック