2015年06月05日

2015年6月5日

 人生というものは、もしかしたら、思ったよりも短くて、思ったよりも儚いものなのかも知れません。最近、特にそういうことを思います。主に、具体的な例を通じて、そのように思います。 そして、私は、色々な意欲も失せてしまい、これを老いだと言われるのならそうかも知れない、と思っているところです。…とまあ、このへんは昨年と同じような感じのイメージです。
 最近、というか、ここ十数年、正式には「あの人」の動静を聞き及んでおりません。でも、どこかで元気に暮らしているんじゃないのかな、と思い、私は何もしておりません。でも、お元気だったとしても、病気だったとしても、どうせ連絡は来ないものなのですよね。
 あの日に(必要悪として)あんなにも憎まれていた「宛名」も、今はもう、水を得た魚のようにTwitterでツイートしまくっているのを確認しました。今、どこがメインストリームで、どこで何をするのが勝ちで、どこで何をするのが負けなのか、私にはさっぱりわかりません。でも、世の中、そういうものですかね。
 昨年よりもさらに私の情熱は消えていき、いま、私はさまざまなものをあきらめるための作業をしています。せめてその作業が終わるまでは生きたいと思っています。
posted by ヨシミ22歳 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なやつ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138121443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック