2014年08月03日

ねぶたが終わって秋が来る、について

 バーチャル青森のねぶた祭も、今ごろ最高潮を迎えているのでしょうねえ…。
 でもって、ねぶた祭の終了後、毎年のようにヨシミは「ねぶたが終わって秋が来る」というタイトルの記事をアップしていたんですけれどもねえ。
 でも、今年、ふと思ったんですよ。
 「ねぶた」って、そもそも秋の季語ではないかと…!
 歳時記を細かく調べたわけではないんですけれども、秋の季語のはずです…。
 なので、今年は敢えて言いたい。
 「ねぶたが終わる前から秋が来ていた」と。

 あと、「ねぶた」と「ねぷた」の違いですが、沿岸部は「ねぶた」、内陸部は「ねぷた」と呼ぶことが多いそうで。方言や漁師訛りの違いのようですね。ソースは、「ワ・ラッセ」の展示物です。

 いやあ、それにしても暑いですねえ、暑い暑い。
 最近あまり眠れないし、このままでは倒れてしまう…。

 あと、そうそう。

ヨシミ22歳関連ダウンロードセンター
http://y22.sakura.ne.jp/dl/


 こちらの方に、ヨシミCD3まで(販売終了分)をアップロードしましたので。聴いてくださいね!
posted by ヨシミ22歳 at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑多なやつ
この記事へのコメント
TVで「ねぷた」「ねぶた」両方言っているから、私の中でもどちらが正しいの……と、今日思っていたのですが、早くも回答を得られました♪
Posted by 光一 at 2014年08月03日 23:09
まあ、方言を加味した上で発音すると、本当に微妙な差異しか無いのですがねえ…。
Posted by ヨシミ22歳 at 2014年08月03日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102128734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック